オーラソーマの2014年イヤーボトルは「ゲッセマネの園」


千葉市川心を彩るスピリチュアルカウンセリング【クオーレ・カラー】

オーラソーマのカウンセリングに使うボトルは、0から順に数字がついています。2013年12月には111番のボトルが誕生しました。ボトルについている数字もメッセージとして読むことができます。

 

さて、今年は2014年。オーラソーマの今年のイヤーボトルは、

 

 2+0+1+4=7

 

と計算して、7番ということになります。

 

7番ボトルの名前は「ゲッセマネの園」と言います。上の写真のように上層が黄色、下層が緑色をしていて、菜の花やタンポポなど元気な春の花を思い起こさせてくれるようです。

 

ゲッセマネの園は、最後の晩餐後のキリストが十字架にかけられる前に祈りを捧げた場所。そのため「ゲッセマネの園」のボトルは、自分の人生のプロセスを信頼して進むことをサポートしてくれるボトルと言われています。

 

今年も、色々な体験を通して学びながら、進んでいきましょう。そして、グリーンは【ハート】の色、イエローは【喜び】の色でもあります。ハートで感じることを大切にし、喜びを持って、笑顔で毎日を過ごしていきたいですね。

 

千葉市川心を彩るスピリチュアルカウンセリング【クオーレ・カラー】

オーラソーマのボトルはシェイクすると上下の液体が混ざり合い、肌に塗って美容液のような形で使うことができます。肌に塗って使うときは、蓋を開けて、左中指で瓶の口を押えてシェイクします。この7番「ゲッセマネの園」の場合、混ぜると写真のような黄みの強いグリーンになります。

 

蓋を開けて使い始めると、シェイクした人のエネルギーが入り、オーラソーマのボトルは表情を変えていきます。ボトルの反応は、使う人によっても、使うボトルによっても違います。あまり変化ない時もあるし、モヤモヤしたものが出てきたり、透明感がなくなったり、色が変化したり様々です。

 

オーラソーマのボトルは「生きている宝石」とたとえられることがあります。ボトルの変化は、生き物っぽくて面白いんですよ。

 

今年の初めから、木原も7番を使い始めました。肌に塗ると軽くなるような感じがあります。一方で、「本当にその道を行きたいの?」とボトルに訊ねられているような出来事も起こっています。

 

あなたもマイボトルと対話してみませんか?

 

>>オーラソーマで自分色と出合う